Florencia Ruiz News


by arbrfr

カテゴリ:friends( 10 )

getting better! Otto!!

b0046149_14361252.jpg
b0046149_14371932.jpg
b0046149_14373122.jpg
b0046149_14374196.jpg

[PR]
by arbrfr | 2007-10-29 14:33 | friends

Otto musical

b0046149_1264957.jpg
b0046149_127198.jpg

[PR]
by arbrfr | 2007-08-08 12:07 | friends

more Otto

b0046149_1635961.jpg

[PR]
by arbrfr | 2007-03-26 16:04 | friends

Otto

b0046149_11435394.jpg

[PR]
by arbrfr | 2007-03-13 11:44 | friends

We Love Benita

b0046149_15571519.jpg
b0046149_1638219.jpg
b0046149_16383218.jpg

[PR]
by arbrfr | 2006-11-25 15:57 | friends

flOr and QQ !

b0046149_17325222.jpg

[PR]
by arbrfr | 2006-06-21 17:33 | friends

festival furbo 2

Florenciaの弟Andrés Ruiz のライブの案内です。

festival furbo 2
Sabado 11 de marzo 22 hs

Nadeshla Cafe(Perito Moreno 70, a media cuadra de la estacion) en Haedo

+isabelasnacho
+coiffeur
+andrés ruiz

[PR]
by arbrfr | 2006-03-08 17:58 | friends
b0046149_13433629.jpg

Florencia Ruiz and Brasilian guitarist Ricardo Silveira
[PR]
by arbrfr | 2005-05-22 13:47 | friends

PORNOIS "ILUMINA AL MUNDO"

b0046149_21542267.jpgIan Kornfeld, Seba Landro, Juan Rey, Lucas Totino Tedescoの4人によるアルゼンチンのエレクトロユニットPORNOIS
トーマス・ドルビーにRock ArgentinaをやっているようなそれはPopで刺激的な内容。ブエノスアイレスにウルトラヴォックスやヒューマンリーグ、ヘブン17なんかのニューロマンティックブームが起きたらこんな感じ?ジャケットはクラフトワークかDEVOなの?ってな感じさえする。

PORNOISはFlorencia Ruizの友人たちで、Florenciaのアルバム”CUERPO"の録音を手がけている。8曲目のEfecto LadoでFlorecniaはヴォイスで参加している。文字通りエフェクトがかかっておりFlorencia自身のアルバムとはちょっと雰囲気が違うがこれもまたクラッシュアイスがカラカラ鳴っているようでキューティー悪夢な感じ。

Florenciaの3rdアルバムも全面協力中!
PopなHappyでMake me strange!
[PR]
by arbrfr | 2005-03-30 21:55 | friends

Demian Naon "Microvida"

b0046149_1226531.jpgFlorenciaの友人で、Florenciaがよくライブを行うCentro Cultural de la Cooperacionの音楽監督?Demian Naonの1stアルバム。
Demianのギター弾き語り。アルペジオにのる喉と舌という山や谷をとおりぬける彼の歌声。小さい感情が長い旅を経て、ありのままに語られるその生。時に饒舌に語らえる物語はフレンチシャンソンのようであり、熱く語られるそれはフラメンコぽくもある。Gismonti,Paco de Lucia,Spinettaに影響をうけたという。そういえばGismontiの初期歌物の感覚に似ているし、"Agua e Vino"にPaco de Luciaが参加したらこんな感じ?
壁に塗られた滑らかな漆喰がはげおちると、そこにざらついた下地がみえる。それは私の乾きざらついた欲望。感情にまかせむしりとるか、いとおしく撫でるか。そんな気持ちをDemianはギターと歌は、閉鎖的でも孤独への安住でもない、服の埃をおとすかのように街を通り抜ける間にすべてを語りつくす。その辺に忘れていくようなさりげなさは、かえってあなたのことを思い出す。指先に感じた小さな疼きは、遠く長い旅を終えて今言葉と音楽になる。次の小さな物語は長い旅となり、Demianはまた弾き歌う。
[PR]
by arbrfr | 2004-10-23 12:26 | friends