Florencia Ruiz News


by arbrfr

<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Gracias! flOr!!

■In store event
・4/4@渋谷Tower
・4/5@新宿HMV
・4/19@渋谷HMV


■Live
・4/6@日仏学院ブラッセリー
・4/9@京都UrBANGUILD
・4/10@名古屋TOKUZO
・4/13@渋谷SECO
・4/16@青山・月見ル君思フ(Guest)


■Radio
・4/10 22:00~
 FM COCOLO 76.5 COCOLO Essence "Latin edition"
・4/11 18:00~
 ZIP-FM 77.8
・4/13 PM 18:35~
 FM Radio-i Cosmo Style "Amigo doming"
・4/?
 UNIQue! the radio "Orient Express"


■TV
NHKテレビでスペイン語
4/23 23:30~23:55
4/29 6:00~6:25(再放送)


b0046149_1150199.jpg
b0046149_11501412.jpg

[PR]
by arbrfr | 2008-04-28 01:48 | JAPAN TOUR

on TV program by NHK

『TVでスペイン語』(TV de Español)
24 de Abril 23:30~23:55
(29 de Abril 6:00~6:25)



Live("Abrigada" y "Ahogarme en mi")
&
Interview@東京日仏学院ラ・ブラスリー

[PR]
by arbrfr | 2008-04-25 12:05 | JAPAN TOUR

19 de Abril

@Shibuya HMV(Tokio)
b0046149_11524324.jpg
b0046149_11525494.jpg
b0046149_121441.jpg
b0046149_1153656.jpg
b0046149_11532929.jpg
b0046149_1153404.jpg
b0046149_113918.jpg
b0046149_1155497.jpg
b0046149_11565973.jpg

『tiemblo e.p. promotion tour 2008』ラストイベントということもあってか、Florenciaはかなりお疲れの様子。声、演奏ともにいつもほどの透明度が無い。でもそれも仕方ない。サイン会でのいつものまったりムードは、相変わらずでいい感じでした。
[PR]
by arbrfr | 2008-04-21 11:54 | JAPAN TOUR

La vida de Japon

b0046149_7442792.jpg
b0046149_7461048.jpg
b0046149_7461987.jpg

[PR]
by arbrfr | 2008-04-17 07:44 | JAPAN TOUR

SM Flor Ruiz

Main guitar of Japan Tour
b0046149_736759.jpg
Model : SM Flor Ruiz
b0046149_2125960.jpg


Efectos
b0046149_204448.jpg


弾かせてもらったが、非常に「鳴る」ギターだ。
本来のメインであるYAMAHA SG(多分1000?)よりも軽量であることが、今回のJAPAN TOURのメインギターとなった理由でもある。
Galassoはアルゼンチンのギタービルダーで、Florencia自信も熱烈なファンであるギタリストAriel MinimalGalassoのギターを使用している。これが七種類の木材を使用したギターで実にかっこいい!なんか雰囲気ATLANSIAのBassのようだ。
このSM Flor Ruiz、欲しいなぁ。
[PR]
by arbrfr | 2008-04-16 20:45 | news

New Guitar !

YAMAHA SS 300
b0046149_1684862.jpg
b0046149_169228.jpg
b0046149_1691273.jpg
b0046149_1692018.jpg

御茶ノ水の楽器屋さんにて、中古を購入。
Florenciaの今持っているギターはすべてダブルコイルピックアップ(Les Paul、YAMAHA SG、Galasso)。このYAMAHA SS300がシングルコイルということもあり気に入ったようだ。また色が赤というのも新味。いいねぇ!試奏室にて弾くのを聴かせてもらたが、何かいい曲ができる予感?!
それにしてもFlorenciaは、YAMAHA(またはMade in JAPAN?)好きだなぁ。楽器屋でYAMAHA SGを見かけるたびにチェック。微笑ましい。。。
[PR]
by arbrfr | 2008-04-16 18:10 | news

13 de Abril @ Shibuya SECO

b0046149_931299.jpg
b0046149_9314812.jpg
b0046149_932094.jpg
b0046149_9321397.jpg
b0046149_9322966.jpg
b0046149_9324351.jpg
b0046149_9363953.jpg

まずは一言。とても素晴らしいイベントでした。
和やかな雰囲気、素敵なミュージシャンたち。本当によかった。
着いたのは20時前で、Serafina Steerのステージが終わる間際だった。ハープの音で歓迎されたような、そんな特別な時間がすぐにはじまってような感触。ドリンクを頼もうとしているとBeakersのドラムKarubyさんに会う。Florenciaは控え室にいるというので挨拶に。Florenciaは名古屋で会った時より元気そうでなにより。「Shinjiはどう?」と聞くので、「少し風邪気味かなぁ」と答えると、アルゼンチンの風邪薬をくれた。これがよく効くこと!是非愛用したい。
皆さんとお話しているとPoPoyansのライブが始まる。面白い。きっとこの機会でなければ見ることはなかっただろうな。うん、面白い。それにしても可愛らしい二人。それも、面白い。お次は楽屋で気になるバンジョーを抱えた美人だったRachael Daddのライブ。これが大当たり!「英国」としかいいようのない湿り気を帯びたヴォーカル。ギター、ピアノ、バンジョーに彩られる音。とくにバンジョーがいい。一杯飲みながらのんびりと聴きたい音楽だ。

いよいよFlorenciaのライブ。会場の雰囲気のせいか、はたまた体調のせいか、名古屋の時よりも「張りつめた」感覚が和らいだような印象。それとも名古屋TOKUZOでのギターの音があのような特殊な雰囲気を呼び寄せたのだろうか?「Abrigada」はいい曲だ。アルバムで聴いた時は、あまり印象に残らなかったのだがライブだと実に気持ちよく伝わってくる。「Vivire」「Ahogarme en Mi」「Despierto」の流れは秀逸。気持ちよ~く光に包まれて流されていくような感じ。いいねぇぇ。
バンドは名古屋と同じく三曲。やはり「Encandilado」が最高だ。Florenciaのカッティングプレイは、結構かっこいいのだ!それにしても物足りないなぁ。もっとバンドでの音が聴きたい。「今」のFlorenciaの音楽はこちらがメインなのだから!それは次回の来日で、ってところかな。残念だがしょうがない。
早くも、再来日熱望!!! 
[PR]
by arbrfr | 2008-04-14 09:32 | JAPAN TOUR

13 de Abril @ Shibuya SECO

@Shibuya SECO(Tokio)
b0046149_9283649.jpg
b0046149_9285546.jpg
b0046149_9291077.jpg
b0046149_9525371.jpg
b0046149_9292557.jpg
b0046149_9492565.jpg
b0046149_955636.jpg

[PR]
by arbrfr | 2008-04-14 09:30 | JAPAN TOUR

10 de Abril @ Nagoya , part.2

b0046149_1235744.jpg
b0046149_1155341.jpg
b0046149_11554797.jpg
b0046149_1156543.jpg
b0046149_1359632.jpg
b0046149_11562364.jpg
b0046149_11593997.jpg
b0046149_11563622.jpg
b0046149_11565087.jpg

思い続けてきたことが実現する。Florencia Ruizの名古屋ライブ。ついにというか、どう表現していいのかわからない。Florenciaへの思いのたけは大洋レコードさんリリースの『tiemblo.e.p』の解説を参照いただくこととして…
Florenciaが袖から登場し、Galassoの白いギターSM Flor Ruizを手にする(このギターについては別に語ろう)。ついに始まった。「Nino 0」…そう、すべてはこの1曲から始まっていた。はじめてFlorenciaの曲を聴いたときのことを思い出す。あれからどれだけたったのだろう。送られてきたCD『CENTRO』と『CUERPO』。今このTOKUZOのステージでそれらの曲が奏でられ、歌われている。不思議と涙は出てこない。ギターの音が、夜の空を切り取るかように異様に生々しく響く。Florenciaはその切り取られた夜空をかわって埋める深い無重力の海。そう、それはこの世に、今のこの瞬間にあってあたりまえのもの。なくてはならないもの。少なくても僕にとってはそうだ。
淡々と進められていくステージ。『CORRER』、『MAYOR』からの曲が中心だ。もしかして「Nino 0」はわざわざ演奏してくれたのかな…。観客も食い入るように、テーブルの上のグラスをいつの間にか飲み干すようにステージに魅入られているようだ。「Ahogarme en mi」、「Despierto」と『CUERPO』からの曲が続きどこか懐かしい気持ちになる。涙腺がやばい。そしてFlorenciaのMC…の後の「Abrigada」。なんて脆く美しいのだろう。
と、感じているとこれは油断だ。お次は大洋レコードの伊藤さんのバンドBEAKERSとのバンド編成でのステージ。『MAYOR』のでもある1曲目は「Al Fin」。いいな~♪Florenciaの声が急に生き生きとしてきた。彼女にとっては、今はバンド編成での音が通常なのだろう。それは本国アルゼンチンでのバンドでの頻繁なライブ活動や、アルバムでの充実した音作りにも表れている。この方向性でFlorenciaのギターが思わぬ方向に炸裂したらすごいことになりそうだ。Ariel Minimalのギターが好きだというFlorenciaなのだから何があってもおかしくない!そしてお次は「Encandilado」。ゆっくりした歩きから、徐々に駆け足になって走り出すようなアレンジ。かっこいい~~!!!そういえば「Correr」もそうだけど、Florenciaの最近の曲にはそんなアレンジの曲が多いかな。気持ちいい。とっても彼女らしい曲だ。〆は「Tiemblo」だ。やはりいい曲だ。バンドでの初っ端にこの曲の方がよかったのでは?それぐらい「Encandilado」はよかった!
アンコール。Florenciaは「さて何を演奏しましょうか?」と首をかしげる仕草が愛しい。曲は「Molino」。フィンガースタイルで弦をかき鳴らす音が実に効果的に強靭な美しさを響かせる。

そうFlorenciaは今、更に変わろうとしているのだろう。
彼女の躍動感は身を包む喜び。
彼女の歌声は心を抱きしめる温もり。

Florenciaの微笑みを
いつまでもいつまでも
この胸に
[PR]
by arbrfr | 2008-04-12 11:57 | JAPAN TOUR

10 de Abril @ Nagoya , part.1

2008年4月10日(木)
待ちにまったFlorencia Ruizの名古屋でのライブ@TOKUZO
前日激しく降った雨もなんとか上がり、小走りで会場に到着。
会場の入りはまだまだ。今回のFlorenciaのツアーをサポートしている大洋レコードさんお伊藤さんご夫妻にご挨拶。Florenciaはかなりお疲れとのこと。心配だ…。本日のスペシャルゲストEttの皆さんにもご挨拶。そう本日はFlorenciaとEttのさゆりちゃんという僕の2大アイドルに会えるなんて~!これ以上のない幸せか?Samba Townのゼジ兄貴と妄想ブラジル来日プランを語り合う…。そうこうしているとまずはMama Milkのライブ。
見るのは初めてだったが実に面白かった。生駒祐子さんの計算された?手と足の動き、そして語り。清水恒輔さんのベースプレイはかっこよかったなぁ。
b0046149_1152183.jpg
b0046149_11534496.jpg

そしてお馴染みEtt(Papa Milk?笑)。さゆりちゃんのピアニカ背面奏法に笑う。「柳の手」よかったなぁ。。。
b0046149_11522599.jpg
b0046149_11524185.jpg

[PR]
by arbrfr | 2008-04-12 11:54 | JAPAN TOUR